NPO日住協|特定非営利活動法人日本住宅管理組合協議会 > 第9回首都圏マンション管理大学が開講

第9回首都圏マンション管理大学が開講

区分所有法について講義する丸山氏

区分所有法について講義する丸山氏

NPO日住協主催の第9回首都圏マンション管理大学が7月1日、千代田区神田須田町の日住協本部で開講した。

管理組合役員、マンション管理士など21名が参加、活発な質疑応答が行われるなど盛況だった。
今回は、1日から29日までの日曜日の4日間、区分所有法、管理運営、大規模修繕、防災・防犯などマンションにかかわる主要テーマについて、それぞれ一流の講師、17講座でカリキュラムが編成されている。

1日は、弁護士で元マンション学会会長の丸山英氣学長が開講のあいさつをしたあと、丸山弁護士、竹田智志・明治学院大講師、大石和夫・日住協理事、山本育三・関東学院大名誉教授が、講演した。

 

 


関連記事