NPO日住協|特定非営利活動法人日本住宅管理組合協議会 > マンション管理フェア2016

マンション管理フェア2016

マンション管理フェア2016
3月8日~11日、東京ビッグサイト

マンションの維持・保全を図る最新技術を展示するマンション管理フェア(主催・日本住宅管理組合協議会)は、3月8日(火)~11日(金)の4日間、東京・晴海の東京ビッグサイト東ホールで、開催される。日本経済新聞社が主催する第22回建築・建材展2016のうち、マンションゾーンとして、開設される。
今回は、初めての、平日だけの開催、ビジネス、管理組合役員などを対象としているが、平日にじっくり展示を見てもらうという趣旨で踏み切った。日住協は管理組合、マンション住民への無料相談ブースを設け、延べ16名の理事、4名の建築士が相談に応ずる。

出展するのは、建装工業、京浜管鉄工業、リノ・ハピア、タイキ工業、いずみテクノス、マルナカ、P・C・Gテクニカの7社。会場の位置は、東6ホールを入って、中央部。マンションフェアの旗が立っているゾーンで、その一角に、日住協の相談コーナーも設けられる。

7社は、いずれもリフォーム技術を誇る企業で、建装工業は、マンションの総合改修で、群を抜き、幅広いニーズにこたえる。リノ・ハピアは、2年近く前、渡辺物産から社名変更、外断熱工事もてがける意欲的な企業。P・C・Gテクニカは、給排水管の更生工法で特許をもつ。更新工事で、ネックとなる住民の在宅義務から、解放した。マルナカも、ポリエステル樹脂の反転挿入工法を開発、独自の技術力を誇る。いずみテクノスは、既設管内に硬質塩ビ管を形成させる工法、タイキ工業も、オゾン旋回洗浄で、排水管の維持が自慢。京浜管鉄工業は、埋設管更生工法と、効率的な給排水管同時リフォーム工事という新たな工法を提案する。

その中で、マンション快適フェアは、15社・団体が展示ブースを設け、マンションの計画修繕、給排水管改修、防水工事など、技術力と深い経験に基づく、工事の情報を披露します。

下記オフィシャルサイトより事前登録すると、入場無料となります。

また無料招待券をご希望の方は、日住協(03・5256・1241)にお電話ください。


関連記事