NPO日住協|特定非営利活動法人日本住宅管理組合協議会 > 「集合住宅のみどりと管理」と題してセミナーを開催

「集合住宅のみどりと管理」と題してセミナーを開催

マンションの緑についての提案を熱心に聞く参加者

10月17日、日比谷公園・緑と水の市民カレッジ2階講習室において「みどりのある暮らしのすすめ・集合住宅のみどりと管理」をテーマにセミナーを開催した。

NPO日住協と(財)都市緑化機構・造園新領域開発共同研究会・マンションのみどり研究部会とで、マンションのみどりについての共同研究を続けてきたが、今回のセミナーはその一環として開催した。セミナーには、みどりの専門家や研究者、管理組合役員ら40名余が参加した。マンションの植栽管理、団地の景観をも壊さない緑の剪定のこつなど、専門家による報告、提案が行われ、参加者も、「わがマンションにも新しい提案を参考にして導入したい」と満足の様子だった。

今月は、「緑の風がふきぬける東京」をテーマに
「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」が都内各会場で開催中だ。

その会場の一つになっている日比谷公園には、さまざまなスポット、展示、催しに多くの人が訪れ、にぎわっている。

 


関連記事